TOPページ南武線トピックス特集LED発車標Wiki
南武線の車両

◆ 南武線での営業車両

南武線では、現在205系と209系と呼ばれる2種類の車両(系式)が、営業運転で使用されています。

それぞれの系式は、特徴ごとに「番代」と呼ばれる方式で区分されています。詳しくは、それぞれのページで紹介します。

ご覧になりたい系式の画像をクリックしてください。

205系  205系

過去には、101系や103系と呼ばれる車体が黄色い電車も使用されていました。

なお、南武線で使われるすべての営業車両は、中原電車区の所属となっています。

◆ 南武線の編成別写真

南武線で運用されている205系・209系およびこれから増えていくE233系について、編成別で写真を掲載しています。

以下の画像をクリックすると、ご覧になることができます。

編成別写真館

◆ その他の車両

南武線では、定期列車や臨時列車として貨物列車が運転されているほか、臨時列車でお座敷車両などが走行することもあります。


貨物列車(EF65牽引・タンク貨車)


お座敷車両“華”(お座敷鎌倉散策号)

その他、線路や架線の検査のための検測車両や、臨時の回送列車なども運転されています。


検測車両(E491系“East i-E”)


臨時回送列車(鶴見線用205系)